2012年8月10日金曜日

フジ・ロック・フェスティバル'12(7月26日編)

まだ幕開けですよ。

Fuji Rock Festival'12
2012.07.26. 苗場スキー場



実は2007年からフジに参加し続けて6年目。といっても、ボランティアスタッフとしての参加ですが。
今年もまた、このシーズンに苗場に「ただいまーー!!」と言うことになりました。
それにしても、今年は現地スタッフをして「どピーカン」と言わせしめるほど日差しが強くて暑かった。

とりあえず、この日の仕事は、東日本大震災義捐金の呼びかけ&リストバンド渡し。去年もたくさんの義捐金が集まったが、今年もあわや箱の底が抜けるかというぐらいだった。

この日は前夜祭。16時ごろからオアシス(フードコート)で苗場音頭、抽選会が始まり、20時ちょっと前からオープニングダンス、そして開幕の花火が上がる。
毎年毎年、それでもまだオープニングかってぐらい盛り上がる前夜祭。今年は快晴ということもあってか、一昨年、昨年以上に賑わっていたように思えた。蓋を開けてみれば、今年は来場者数過去最多だったので、当然といえば当然だったのかもしれないけど。

前夜祭だけでなく、フジロック開催期間中ずっと会場にいる大道芸人の皆さん。個人的には、フジの影の楽しみでもある。
この夜も、オアシスで炎のジャグリングや火吹き芸をしているおじさんに遭遇。いわく、
「フジは前夜祭が一番好きなんです! なぜなら、最終日ぐらいになるとお客さんも芸を見飽きてきちゃうからです! ・・・・・・正直に言っていいですか? 本当は前夜祭が一番皆さんお金持ってるからです!!」
大道芸の見どころは、こうした合間の喋りでもある。

同じくフジ開催中通してのちょっとした名物が、ちょっと違うベクトルで張り切ってる来場者さん。
義捐金仕事中、ノーラン版バットマンのマスクをかぶった軽装ダークナイトを発見したのを皮切りに、おにぎりの被り物や、うさぎの着ぐるみ(去年も見かけましたよ)を続々発見。全身タイツ(今回は金色を発見)など、もはや毎年いて当たり前。そこまでの発想と行動に至らない自分は、毎年感心させられっぱなしである。(褒めてますよ!)
ちなみに、この6年間で最大のインパクトを誇るのは、2007年にみかけた、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの「股間靴下」でゲートを通って行った男性である・・・・・・。

この日のフェス飯&フェス酒記:
  • 苗場食堂のぶっかけそうめん(シンプルイズベスト)
  • 鮎の塩焼き(今年も美味い!)
  • HMVスペシャルカクテル(アルコールとしては軽い)
  • ジャックコーク(個人的にフジの定番)
  • マンゴービール(強くはないが美味い)

前夜祭の中心・オアシスのやぐら。

レッド・マーキーで前夜祭ライヴ。Los Lonely Boysカッコいい。

HMVスペシャルカクテル。黒とピンクはHMVカラー。


0 件のコメント:

コメントを投稿