2013年4月5日金曜日

2000人の狂人(マニアック2000)

ヒーーーハーーー!! (ブラマヨ小杉に非ず)

2000人の狂人(マニアック2000)('64)
監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス
出演:コニー・メイソン、トーマス・ウッド



一度DVD発売された際、タイトルが「マニアック2000」になっているのは、きっとオトナの事情です。そのわりに再発盤ではもとのタイトルに戻ってたりするので、オトナの事情は大して意味がなかったようです。


本作のオープニングから流れる、ルイス監督作のカントリーソング「The South Is Gonna Rise Again」(上に貼ったものは音声のみ)。牧歌的なメロディながら、歌ってることはちょい怖い。『インブレッド』の「Ee by gumソング」はこれが元ネタに違いない。
「ヒーーーハーーー!!」といえば一般的にブラックマヨネーズの小杉ですが、この映画を観て以来、私にとってはルイス監督でありプレザントヴァレーの皆様です。

地図に載っていないアメリカ南部の村、プレザントヴァレーに迷い込んだ3組の北部出身カップル。彼らは村人から歓待を受け、これから行われる百年祭の特別ゲストとして滞在を勧められる。
しかし実は、プレザントヴァレーは百年前の南北戦争で村人全員が北軍に虐殺されたいわくつきの村。その村人の怨霊が、北部人への恨みを果たさんとしていたのだ。かくして、祝賀ムードと陽気なカントリーソングの中、カップルたちは次々と血祭りにあげられていく。

「怨霊の復讐」なんておどろおどろしい背景のわりには、舞台は抜けるような青空で、カントリーソングが流れるカラリとした雰囲気。そもそも、怨霊たる村人の皆さんみんな笑顔で陽気なので、霊ですと言われてもまったくもってピンとこない。全員殺人鬼ってところを除けば基本的に普通の人間と変わりないし、消えるときは消えるときで「じゃまた100年後に一仕事すんべか」とばかりにあっさり眠りについちゃうし。まぁ、終始明るい笑顔とハイテンションで旅行者たちを惨殺するところが不気味という見方もあるが。
ちなみに、『2000人の狂人』というタイトルのわりに、出てくる村人は30人足らずといったところだが、そこは客寄せのためにちょっと……いや相当多めに盛ってみた監督さんのガッツということで勘弁してあげてほしい。

で、肝心(?)のスプラッターシーンだが、死に様のムゴさに反して描写はあっさり。斧で腕部分をばっさりいかれただけであっけなく死んでいたり、馬による四肢裂きと思った次の瞬間には犠牲者がマネキンに……もといバラバラ死体になっていたりする。「えっ? それもう死んでるの? それでいいの??」という微妙な空気を残すところは、『インブレッド』に受け継がれているようだ。
スプラッターの始祖監督による元祖血みどろ映画と思えば、(一部の人間には)感慨深いが、純粋にゴアゴアな描写を求めると思いっきりスカなのでご注意を。ルイス監督は「初めてスクリーンで内臓を出しちゃった人」ですが、本作には内臓出たシーンがないので。

ちなみに、私個人はこの映画をシアターN渋谷のハーシェル・ゴードン・ルイス映画祭にて観賞。犠牲者が出るたびに場内が温かい苦笑に満ち溢れるという、貴重にして素敵な時間を過ごしました。『血の祝祭日』観賞の際には、終了後に映画秘宝Devilpressの皆様のトークショーも拝聴し、手造り&素人感溢れるルイス監督の映画製作エピソードを楽しんだものです。
そういう意味では、ルイス監督とその作品、シアターN、Devilpressの皆様と、全員に感謝したいところです。

0 件のコメント:

コメントを投稿