2013年5月7日火曜日

ハリウッド・コレクターズ・コンベンション No.2

1,2,フレディが来たよ。

ハリウッド・コレクターズ・コンベンション No.2
2013. 05. 05. ホテルグランドパレス 2Fダイヤモンドルーム

1,2,フレディが来るよ
3,4,ドアをロックして (ドアに鍵なんかかけないよ)
5,6,十字架を握りしめ (十字架はポイして)
7,8,遅くまで起きていよう (早めに寝よう)
9,10,二度と眠らない (ボルテージ上がりすぎて寝れねーよ!!)

通常、フレディの数え歌は左記ですが、フレディファン……というか自分は()内が本音です。

コミコン(『宇宙人ポール』でサイモン・ペッグとニック・フロストが行ってるアレ)的イベントに行くのは今回が初、誰かのサイン会に行くのも初。というか、まさか『エルム街の悪夢』のフレディことロバート・イングランドに会えるチャンスが人生に訪れるなど考えてもいなかった。
悪夢よりも寝坊を恐れ、朝飯もそこそこに自宅を飛び出し、それでもなおサイン会整理券が完売していたらどうしようという恐怖をひきずりつつ到着したグランドパレス2階で……
120番台とはいえ余裕で整理券ゲットしました。どれだけ杞憂なんだか。

会場前フロアにアイアンマンマーク42!
 
飲食ブースにはスパイディ!

 
サイン会は有料だが、無料で誰でも入れるのがお隣のディーラーブース。フィギュアやらTシャツやらその他レアなアイテムやら、映画関連のグッズが展示/販売中。自分には手の届かないものばっかりなんでは……と思っていたら、このイベント特別仕様で大幅に値下がりしているアイテムもあり、一転して散財の危機に陥り、バッグの中はフレディグッズ満載という有様に……。

↓ 戦利品その1。

ところで、ハリコン会場にはかなり気合の入ったコスプレの方々がいらっしゃった。本気度が高くて、写真を撮りに走り回らずにはいられない。そのせいでほとんどブレていたのだが。

↓プレデターズ。↓


 
フォースとともに……いや真ん中何かちがう。 

ジェイソンvsプレデター!

このほかにも、ゴーストバスターズの皆さん、バットマン(ノーラン版)、マッドマックス(2のほう)がいらっしゃいました。

そうこうしている間にサイン会の順番待ちが自分のところに。ちなみに、私はロバートさんのサインとツーショット写真ぶん払っていたので、もう1人サイン会のゲストとして来ていたショーン・アスティンさん(近年では『LotR』シリーズのホビット・サム、子役時代は『グーニーズ』のマイキーで有名)のサイン列は断念……グーニーズ好きですけど。
しかし、サイン待ちの列からでも、ショーンの明るいサービス精神旺盛キャラはダダ漏れ。
「今から僕宛てにツイートしてくれた人にはリプライ送るよ!」
「今日メキシコは独立記念日なんだ! メキシコのファンたちに動画メッセージ送るから、みんなで"Cinco de Mayo!! "って言って!」
と自身のHPやTwitterを活用し、国境を越えたファンサービスに余念のない人だった。
一時は、コスプレのフレディとジェイソンのバトルの間に割って入って止めたり、隣のロバートのところに駆けつけて日本語を教えてあげる場面も。おかげで「アイシテルヨ、フレディ!」「アイシテルヨ、サム!」という謎の交流が生まれました。

さて、ロバートさんの列にいると、必ず聞こえてくるフレディ笑い。ツーショット写真の際は、穏やかな紳士から一転してフレディモードになってくれるのである。リクエストに応えてケータイにボイスメッセージを入れ、"Welcome to prime time, bitch!" "How sweet...flesh meat!!" など、ファンにはなじみの深いフレディ名言も聞こえてきたのが嬉しい。紳士モードのときには、ポートレート写真にまつわるエピソードなんかも教えてくれる。
そしてとうとう自分の番に。前にきて早々にロバートさんから握手をしてくれたこの時点で、どこか頭の回線が消し飛んだと思われる。『フレディvsジェイソン』のプログラムにサインをお願いしたのだが、何か微妙に言い方を間違えていた。なぜ通訳さんを介さなかったのかは私にも分からない。それでもニコニコしながらサイン(アドリブメッセージ付)をしてくれたロバートさん、本当に紳士です。

「ここは金色のほうがいいよね」と表紙にサインするイングランド先生。

↓御真筆!!!
 
「ジェイソンの次の犠牲者」だなんて、自分も出世したもんだ!! もうジェイソンに匹敵だぜ!! と思いたいところですが、実際はまだまだ『フレディvsジェイソン』の屋外パーティーシーンで何となく死んでるモブレベルです。せめて「すぐ戻る」と言って戻ってこないような第3犠牲者レベルには登りつめるよう精進いたします。

と、そこへ、さっきからたまにやってくるコスプレさんたちが、なぜか突然戦闘モードへ。ジェイソン、フレディだけじゃなく、プレデターやストームトルーパーまでが勢ぞろい。そしてこの勢いはロバートさんにも伝染。マチェーテ振りかぶって近づいてくるジェイソンにキックを入れた! さらにストームトルーパーの銃をお借りしてプレデターに応戦! でも最後はプレデターとがっしり握手! 素敵にわけが分かりません。
間近で世紀の5つ巴死闘を目撃できたことは、この日最大の幸運だったかもしれない。
 
真性フレディの横でフレディvsジェイソン!

そんな予期せぬバトルのあとでツーショット写真。撮影中はまったく気づかなかったのだが、ロバートさん実は私のネクタイを鉤爪で持ち上げてくれていた。おかげで、あのネクタイの価値が自分の中で勝手に上昇しました。

ロバートさんは、ランチ休憩前にもディーラーブースを一回りされてました。フレディグッズを見て「これレアだね」とコメントしてくれることもあれば、フレディもの以外に興味津々なことも。ハリー・ポッターもののブースにちょい長居してたし。テッドの喋るぬいぐるみ見て「コイツはおそろしい」ってのが一番のナイスコメント。
 

 
↓ランチ前にブース見学のイングランド先生。↓
 
 
「ショーンはもう見に来たの?」(LotRグッズのブースにて) 
 
ロバートさんとの遭遇もコスプレさんたちとの遭遇も楽しかったけど、Twitter上でしか知らなかった相互フォローの方々とお会いできたことも良い思い出の1つでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿