2014年3月2日日曜日

ヘンゼル&グレーテル

魔女が来た! いつものようにぶん殴れ!!

ヘンゼル&グレーテル('13)
監督:トミー・ウィルコラ
出演:ジェレミー・レナー、ジェマ・アータートン




「いや、そりゃ確かにあいつバカだよ。
アイディア一発で突っ走って、細かいことあまり考えてない奴だよ。
でもって、相手が何であれしまいには肉弾戦になっちゃうような奴だよ。
だけどさ、そこが憎めなくて面白いんだって!!」
ダメ人間の友人を擁護してるような内容ですが、トミー・ウィルコラ監督の話です。

グリム童話で有名なあのヘンゼルとグレーテルは、成長して魔女ハンターになっていた! というネタでひた走るアクション。幼少期にお菓子の家の魔女に沢山食べさせられたヘンゼルが糖尿病だったり、兄妹の出自に秘密があったりもするが、その設定は大して活かされてない。
じゃあ、何が見どころなのかというと、魔女vs兄妹の肉弾戦。一応、ヘンゼルとグレーテルは銃だのボウガンだのと飛び道具を持っているし、魔女だって当然魔法を使うが、そういった特殊バトルはあまり長続きせず、何をしても最後には掴み合い&殴り合い&ぶん投げ合いのフルボッコ合戦に至る。もはや、普通の人間と戦うのとあまり変わらない。
思えば、ウィルコラ監督の前作『処刑山 デッド・スノウ』でも、雪山に現れたナチスゾンビ(パッケージ表記は『ゾムビ』)は、一般的なゾンビの喰らいつき攻撃&物量作戦ではなく、ぶん殴ったり陣形組んで突撃したりとストレートな物理攻撃型。それはおかしいだろ! アホか! とツッコミいれつつ、もはや妙な清々しさまで覚えさせてくれるバカバカしさだった。
これはもう、ウィルコラ監督のカラーだと割り切って(あきらめて?)、このノリに心を委ねるのがベストな観賞方法かと。

ちなみに、グレーテルを演じるジェマ・アータートンは『007/慰めの報酬』で、大魔女ミュリエルを演じるファムケ・ヤンセンは『007/ゴールデンアイ』で、それぞれボンドガールを務めた関係。つまりヒロインと悪役とでボンドガール経験者対決と相成ったわけだが、やはりゼニア・オナトップの貫録勝ち感は否めませんね。
また、ホラーファンとしては、心優しきトロール・エドワードのモーション・キャプチャーが、リメイク版ジェイソンことデレク・ミアーズというのも嬉しいポイント。ホラーのみならず、映画界で胡散臭い奴・怪しい奴・信用できない奴といえばこの男! なピーター・ストーメアも顔を出してます。
しかし、まさか一番ネタになったのが、未公開映像のジェレミー・レナーの「そして殺す」カットになろうとは。下手をすると、ジェレミーの名を一番広めたのは、『アベンジャーズ』のホークアイよりもこちらかもしれない。いや、それより何より、『アベンジャーズ』や『ハート・ロッカー』でジェレミーの知名度も上がっていただろうに、なぜに本作をDVDスルーにした……?

皆さん、この人↓の名前は「そして殺す」おじさんじゃありませんよ。
ジェレミー・レナーですよ。


そういえば、前述の『処刑山 デッド・スノウ』の続編『Dead Snow 2 : Red vs Dead』の予告編が公開されましたね。殴る! えぐる! ぶっ刺す! いつもより余計に臓物出しております!! と、お得意の肉弾戦満載でしたね。
しかも「天国と地獄」(徒競走でよく流れるアレ)をBGMに、猪突猛進&喧嘩上等なナチスゾムビさんたちにソビエトゾムビさんたちも加わった! ノルウェーじゃゾムビは墓場じゃなくても運動会するんですね。ハイレベルな血みどろバカ作品が期待できますね。だから求む!!  日本劇場公開!! 

『Dead Snow 2』の予告編↓。トミー・ウィルコラはホントこういう人です。
上記の通り血と臓物倍増なので、グロがダメな人はご覧にならないほうが。

2 件のコメント:

  1. お久しぶりです。

    「ヘンゼル&グレーテル」聞いた限りじゃ、まさに最高にクレイジーな映画じゃないですか!
    魔法での超常能力バトルなんて小手先を多用せずに肉弾戦とか!
    ウィルコラ監督にはこのままの路線でいてほしいですね

    ソビエトゾムビも出るとか、もう滅茶苦茶ですが楽しみですねデッドスノウ2

    返信削除
    返信
    1. 腐肉喰らい様

      お久しぶりです。遅くなって申し訳ありません。

      ウィルコラ監督はよっぽど肉弾戦好きなんでしょうかね。
      普通に考えたら演出としてそれはどうよ、って思うところなのに、なぜかそこがウィルコラ作品の一番好きなポイントなんですよね。

      素敵に血煙暴走する『デッド・スノウ2』が日本で公開されますように!

      削除