2015年4月30日木曜日

劇場版 ビーバス&バットヘッド DO AMERICA

ビーバス&バットヘッド あるいは(無知がもたらす思わぬ奇跡)。

劇場版 ビーバス&バットヘッド DO AMERICA('96)
監督:マイク・ジャッジ
出演(声):マイク・ジャッジ、ブルース・ウィリス、デミ・ムーア




『バードマン あるいは(無知がもたらす思わぬ奇跡)』関係者の皆様およびファンの皆様すみません。だって、コイツら本当にバカで無知ゆえに、奇跡的なまでの惨劇と活躍を見せてくれちゃうんだもんよ。

アメリカは架空の町ハイランドで、テレビを観てばかりで過ごしているバカの14歳コンビ、ビーバス&バットヘッド(B&B)。ある日、眠っている間に大事な大事なテレビを盗まれてしまった。テレビがなければ生きていけない2人は、意地でもテレビを観ようと侵入したモーテルで、勘違いが重なった末にギャングの妻の暗殺を請け負ってしまう。一路ラスベガスへ送られた2人はターゲットの妻の元へ赴くが、今度は言いくるめられて超小型の細菌兵器を持たされたままアメリカを横断することに。暗殺依頼人のギャングやFBIが追跡する中、そんなヤバい事態になっていようとはひとっっっかけらも理解できていないB&Bの行く末は……?

元のMTVシリーズ未見のまま、本作を初めて観たのが高校生のとき。絶え間なく続くB&Bの「エヘヘヘヘヘ」という締まらない笑いに若干イラッときたものの、その当時の自分にも身に染みて分かるほど強烈な教訓を得た。それは「バカで無知ほど恐ろしく、なおかつ無敵なものはない」ということだ。
熟慮なんてことはもとより、少し考えることすらロクにできないB&Bは、暗殺依頼がいかに危険な要件なのか分かっていない(それどころかセックスの話と勘違いし童貞卒業のチャンス! と盛り上がっている)。細菌兵器のことは気づかないように持たされたから仕方ないとしても、もっとヤバい話を持ちかけられていることはまったくわかっていない(それどころか金と女が手に入ると勘違いしている)。人と場合によっては巻き込まれ型サスペンスになりそうな土台でも、バカが中心にいるだけですべて脱力&下ネタと化す。
B&Bは徹底して無知でもある。ラスベガスからワシントンまで行けと言われても、どれほど距離があるか知らないゆえに、「ワシントンってこっちの方向? じゃ行くか」と広大な砂漠のど真ん中を歩き出す。走行中の車から飛び降りることがいかに危険かも知らないから、「着地と同時に走れば大丈夫じゃね?」と実行してしまう。考えようによっては無知だからこそできる思い切った無茶なので、知識によって抑制がかかっているより人生エキサイティングなんじゃないですか? ……と観ているこっちが勘違いすることもあったりなかったり。
個人的に一番恐ろしくも面白いのは、彼らが文字もロクに読めないがために(そしてテレビの成人指定チャンネルが見られると勘違いしたがために)、フーヴァーダム決壊を招くところ。バカは時として大惨事を招く。

しかし何がタチ悪いかって、バカじゃなきゃ大丈夫なのかというと、決してそんなことはないってこと。B&Bが通う学校のカウンセラーの先生は、ソフトなことばかり言って不良のB&Bに厳しい指導ができない。逆にB&Bにキビしくあたる校長も、生徒のためを思う指導じゃなくて自分の精神不安定の原因を排除したいからそうしてるだけ。しかもいつも「あぁぁぁあぁ~」と小刻みに震えていて、どう見ても頼れない。頼みの綱のFBIも、実はB&Bがただのバカであることは見抜けなかったわけだし……本当に「アメリカする(DO AMERICA)」映画だね。この国ヤバいぞという内部告発的な意味で。

ちなみに、もとはMTV放映のアニメーションということで、音楽勢はやたら豪華。オープニングはアイザック・ヘイズだし、挿入曲にオジー・オズボーンもあるし、砂漠で死にかけてるB&Bが見るサイケデリックな幻覚アニメはロブ・ゾンビの作。音楽以外で贅沢なことには、お互いに殺し合い騙し合いをくり広げるギャングの夫婦の声がブルース・ウィリス&デミ・ムーアと、当時ホンモノの夫婦だった2人。デミ・ムーアはともかく、ダイハードなブロックバスター映画のみならず年に最低1回はB級映画に顔を出すようなブルース・ウィリスの姿勢は、この当時からブレてないんだな。

0 件のコメント:

コメントを投稿