2015年12月31日木曜日

2015年映画極私的ベスト10

2015年=マッド。

……まぁ、ランキングの1位を観れば分かる通りそういうことですよ。マッドな映画が上位って意味にもしたいんだけどね。
今年もまた1位は早々に決まり、2位以下をマーベル映画やスパイ映画やスターウォーズが席巻するかなと思ったら……下半期になってミニシアター系ホラーが大健闘してくるという不測の事態となりました。

ちなみに参考にならない参考までに。
2014年の極私的ベストはこちら
2013年の極私的ベストはこちら
2012年の極私的ベストはこちら

1位 マッドマックス 怒りのデス・ロード

数年の1度のとんでもない映画に出会ってしまった。カーチェイスとアクションと爆発のシンプルな話にいくつもの物語を織り交ぜ、昔からスタンスがブレないどころかパワーアップしている。恐るべし、ジョージ・ミラー。V8! V8! (2015年映画ファン流行語大賞)

2位 グリーン・インフェルノ

奇しくも公開直前に起きた「食人族BD発売中止未遂事件」のイライラを軽減してくれる喰いっぷり(喰われっぷり)。SJW(ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー)がなんだ! 意識の高さがなんだ! 不謹慎万歳! 食人族万歳!! イーライ、続編作るんだったら楽しみにしてるよ!

3位 ムカデ人間3

あからさまに笑いを取りに行ってるところは賛否が割れそうだが(自分が見た限りでは否が多かった気がする)、ディーター&ローレンスが可愛いので私はOK。500人ムカデ人間という、ムカデ史上最高の出オチすらOK。最後、アメリカ(と世界)の不条理の縮図が見えた瞬間には感動すら覚えてしまったよ。ムカデ万歳!!

4位 セッション

今までもっとも恐ろしい「キャラバン」は、狂気と狂気の衝突で生まれた奇跡。最後、一瞬の静寂のときに、客席中から息をのむ音が聞こえてきて、ああこの瞬間にこの場にいて良かったと思えた。

5位 毛皮のヴィーナス

終演後、身体本体は一応普通に立ち上がって歩いて帰ってましたが、メンタルは腰が砕けてガクガクになりながら歩いている心地でした。無知かと思えば知性を溢れさせ、相手を称賛したかと思えば貶め、振り子のように両極端を渡り歩く女性がここまで魅力的で、ここまで恐ろしいとは。

6位 ババドック 暗闇の魔物

特筆すべきはババドックがどのように母子を追い詰め、どのような結末を迎えるか。恐ろしくリアルであり、これでしか決着のつけようがないように/進歩のしようがないように思えてくる。

7位 キングスマン

今007にできないことは我々がやる! とばかりに、オモチャのようなガジェットや設定を武器に暴れまわる紳士たち。不謹慎と悪趣味をポップできれいに包む、マシュー・ヴォーンの笑いのセンスも最高に活きている。その真骨頂が「威風堂々」ですよ。

8位 ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション

4作目で確率した「超人スパイイーサン・ハント率いるIMF精鋭のチームワーク」設定で引き続き走り出すシリーズ最新作。今回のトム・クルーズスタント劇場は「飛行機にしがみついて離陸」だったので、そのうち宇宙に行くんじゃないかと思う。今回の悪役で初めてショーン・ハリスを認識できたのも収穫。それからおめでとうサイモン・ペッグ。君は「スーパースパイチームに引き抜かれたオタクの星」から「髭の生えたロイス・レイン」に昇格した。

9位 ナイトクローラー

すべては「イイ仕事」をして、それに見合った対価をもらいたいがため。身の丈にあった野望のために、良心や倫理観をいとも簡単に切り捨てていくジェイク・ギレンホールの不気味なこと、そのくせ面白くてしかたないこと。

10位 プリデスティネーション

原作小説のタイトルになっている「輪廻の蛇」が完成したラストシーンに鳥肌。多少結果が読めても、そこにつなげていく演出が見事。ストーリーを実質2人でまわしたイーサン・ホーク&サラ・スヌークに乾杯。


次点に『群盗』『戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!』シリーズ、『ジュラシック・ワールド』『スター・ウォーズ フォースの覚醒』などがきます。マーベル映画だって相変わらずの高品質なんだけど、今年は事前期待値を大いにフライングしてくる映画たちが多くって。あと、「未体験ゾーンの映画たち」から、『ホラー・シネマ・パラダイス』は掘り出し物枠としてオススメしたい。
あとは、新作劇場公開作ベスト以外で……


2015年リバイバル映画ベスト10

1位 悪魔のいけにえ(in 渋谷HUMAXシネマ&新文芸坐)
2位 マッドマックス2(in ワーナーブラザーズ試写室)
3位 ヘルレイザー(in キネカ大森/ホラー秘宝まつり)
4位 ヘルレイザー3(in キネカ大森/ホラー秘宝まつり)
5位 トゥルー・ロマンス(in シネマート新宿)

6位 スペースバンパイア(in シネマート新宿/メナハム・ゴーラン映画祭)
7位 フィッツカラルド(in アップリンク/ヘルツォーク傑作選2015)

8位 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間(in シネマカリテ/カリ・コレ2015)
9位 ダイナマイトどんどん(in 新文芸坐/菅原文太追悼特集)
10位 アギーレ/神の怒り(in アップリンク/ヘルツォーク傑作選2015)


2015年未公開映画ベスト5

1位 ファイナル・ガールズ 戦慄のシナリオ
2位 シャークネード エクストリーム・ミッション
3位 Infidus(BAD MAX 怒りのリベンジ・ロード)
4位 地下に潜む怪人
5位 シャークネード カテゴリー2

2位と5位に言いたい。「いや、さすがアサイラム最高傑作だなぁ!!!!」


なお、今年はイベント上映が豊富でもありましたね。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の池袋絶叫上映大森V8上映、『キングスマン』のレディース&ジェントルメン上映など、叫んでよしクラッカー鳴らしてよしの賑やかな映画館で、『ロッキー・ホラー・ショー』ファンとして嬉しい限りの年でした。
5月のハリコンでランス・ヘンリクセンに、6月のマッドマックス・コンベンションでウェズ&ジョニー・ザ・ボーイにサインと写真をもらったのも嬉しい思い出だなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿